ご飯の変化〜5月、自炊凝りすぎ

新型コロナウィルスによる自粛期間をきっかけに、食生活が激変した数ヶ月となったので記録してみる。5月に入ってある程度の慣れができて、自炊も落ち着いてきた。

カフェランチのような

鮭のバターソテー、ラタトゥイユ、さつまいもサラダなど、彩までカフェランチのようなお昼。

[広告]

相変わらず野菜多め。そして作り置きするお惣菜が増えてきた。

作り置き惣菜

週の頭に何品かいっぺんに作って、さらに作り足していく。

作り置きがあるから盛り付けるだけで楽…のはずが、この頃から土鍋でご飯を焚き始めたりして、お昼でもけっこう時間がかかる。

カレー

残り野菜は週末のカレーになる法則も出てきた。

別の週のカレー。お惣菜も残りがちになって、いよいよ収集がつかなくなってきた。特にお昼は仕事の間なので、もう少し効率的に食事ができないものかと考え始める。

冷やし中華

だんだん暑い日も増えていき、焼きそばに代わって冷やし中華が登場。夏野菜も多くなりはじめる。具材さえ切っておけば、麺類は楽かもと気が付くきっかけになった。

朝昼はご飯か麺類。夜はお酒。とにかく野菜中心と、実は糖質が多い食事は続く…

ご飯の変化〜4月、自粛はじまり
ご飯の変化〜5月、自炊凝りすぎ
ご飯の変化〜6月、変化のきざし
ご飯の変化〜7月、新しい試み

[広告]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください