ご飯の変化〜4月、自粛はじめ

新型コロナウィルスの影響で、4月の頭からテレワーク=WFH(Work from Home)が始まった。これを書いている今(7月)振り返ると、食生活が激変した数ヶ月となったので記録してみた。

回鍋肉

これは回鍋肉。春キャベツが大好きで、たくさん使ったな。

[広告]

4月上旬。毎日自炊をするなんて何年ぶりだろう?と戸惑いながら、食べたいものをガツンと作って食べていた。料理初心者男子っぽく、カメラロールを漁ると炒め物が多い。

生姜焼き

定番の生姜焼き。ひじき煮を作り置きしているのが我ながら偉い。千切りキャベツたっぷり。お味噌汁も含めて野菜たっぷりで、身体に気を遣っている。

ナス味噌

なす味噌炒め。主菜、副菜、汁物に何種類の野菜を使ってるの?とツッコミを入れたくなるほど「野菜を食べていれば大丈夫!」神話に取り憑かれている図。自分なりに健康への不安があって、なんとなく買い物に行くと野菜ばかり買っていた。

やきそば

マルちゃんの焼きそばもヘビロテしていたな。スープも。余った野菜を片っ端から使えるので。

塩焼きそば

きれいに撮れた写真を選んでるけど、朝も夜も、この種類の野菜を食べている=消費している。野菜は、特に春野菜は甘くて、糖質が多いらしい。食べ過ぎもどうなのかな?と今なら気が付くけど、この食生活はしばらく続く…

ご飯の変化〜4月、自粛はじまり
ご飯の変化〜5月、自炊凝りすぎ
ご飯の変化〜6月、変化のきざし
ご飯の変化〜7月、新しい試み

[広告]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください